スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
~第一章~
どれぐらい経っただろうか・・・
もう3時間は経っただろうか・・・

オレは8畳半の部屋の隅で足を崩して座っている。
この部屋にはオレのほかに3人の男が騒いでいる。

「だーかーらー言ってんだろ?人間界ではオレは指名手配までなったんだって」

「えーホントッスか~」
「なんか嘘くさいッスよ~見たこと無いし」

「お前らはテレビ見てんのかよ、ニュースニュース」

かなり太めの男とその正反対の痩せ型の男が二人いるようだ。
あの痩せ型はおそらく双子だろう。

まぁ特にはどうでもいい。オレは早く下界に戻りたい。。。
そう思っていたら、つい口が出てしまった。

アホくせ・・・捕まってんだから指名手配も糞もねぇだろ・・・」



「あ?・・・そこの新入りメガネ。もう一回大きな声で言ってもらおうか・・・」
耳は、かなり良いようだ。

「お前に言ってんだよ。新・入・り」
男がオレの前まで歩いてきやがった・・・
ここから見るとかなりデカい。

「・・・・・・・・・・・・」
「舐めてんのか?・・・・・」

男が片手でオレの襟首を掴み、かなり高くまで上げてきた・・・

「たしかこの魔界のルールは殺しは自由だったよな・・・」
男が舌なめずりをしながら言う。

「殺ッスー」
「殺ッス~」
さすが双子ハモりながら言う。

「オレは懲役130年だ、魔界に来たばっかりで悪いが此処で死んでもらうぜ」
太めの男のもう片方の手がみるみる巨大化していく・・・

「コレがオレの力 膨大腕(ビッグアーム)だ。コレで潰れやがれッ!」


「・・・下級罪人が・・・・・・」



パンッ



「・・な・・・・・・・に・・・・」
オレはそのデカい手を左手で受け止めた。

「破裂(バン)」
その瞬間そのデカい手は風船が割れるように、パンッと音を立てて割れた。

「・・・え?・・・・%&UGAAAAAA$#$%&’%&」
男が叫び声を上げて畳に倒れて悶えている。

「なにがあったッスか?」
「なにがあったッスよ?」

「コレが力か。スゲェ」

「ぅぅううぅぅぅぅうううぅぅぅうううううう」
腕が無くなり、もう闘志は残って無さそうだ・・・
ならば・・・


オレは太った男に馬乗りし左手で男の顔を覆った・・・

「・・・な・・・二・・・す・・る」
「破裂(バン)」

男の頭が破裂し、そこから脳みそやら目ががビチャビチャと音を立て、
いきおいよく飛び出した。

「ヤバイッスよ」
「ヤバイッスな」

「「逃げるッス」」
急いでドア前に行くがオレがそれを止める

「まぁ・・・待てよ・・・双子」

「「ヒィッ」」
まぁ怯えるわなぁ

「質問に答えろ」

「「・・・・ハぃッスぅ・・・・」」

「白髪の頭に、右目がオレンジ色の瞳の男を知らないか?」


「「それって・・・懲役1300年の・・・」」
「ジャック・ザ・リッパーだ。あの伝説のな・・・」

「「しししし知らないッス。勘弁してほしいッ・・・」」
オレは両手で双子のそれぞれの顔を覆った。

「わかった言う、言うから・・・だから」
「兄貴そしたらオレらは組織に・・・」

「破裂(バン)]
弟だろうな・・・あの男と同じ様に異物が飛び出た。


「ヒィィィィ あ・・・アンタはなんでアイツを追ぅスか?懲役だって・・・」

「・・・・・答えろ」

「・・・・ぅぅぅ、居場所は知らないが。魔王を探してるとか・・・」
魔王?やはり実在するのか?
「魔王は何処だ?」

「ま・・・・まおう・・は・・・城にいる。」
あの暗雲に覆われたアレか・・・

「なるほどな・・・とりあえず城に向かえば奴に会えるわけだ」
「な・・・なぁもぉいいだろ?・・・開放してくれよ・・・オレは懲役48年であと数年いればまた下界に帰れるんだよ。頼むから・・・お願いだから・・・・・・・おねがい・・・」
「破裂(バン)」

あの二人同様ビチャビチャと嫌な音をあげながら異物を飛ばす。

「・・・・・・行くか・・・」
オレは外に向かい、歩きだす。





「待ってろよ。ジャック・ザ・リッパー。決着は必ずつけてやるッッッ!」
スポンサーサイト
2010-01-11 Mon 20:37
別窓 | おはなし | コメント:3 | トラックバック:0
~第ニ章~
・・・アレ・・・・オレ・・・
なんでこんなことになってるんだっけ・・・

「ま・・・待ってくださいよぉ・・・ハァハァ・・・速いですよぉ」
「・・・ついてくるな・・・」
トコトコとオレの後ろを先ほどから女がついてくる・・・

「ヒ~ヒ~ちょ・・・と・・ま・・・って・・・」

「なんだよッッ!!!!さっきからッッッ!!!!」
振り向くとそこには
身長は160前後で、ショートの髪に白い肌でくっきりとした二重に丸っこい目をしている女がいた。。。

深呼吸をすると彼女は、
「お礼をさせてください。助けてくれたお礼。」
と言い出した。
「・・・」
オレは女を無視してまた歩き出す。
「ちょ、まってよぉ。無視しないでよぉ。」




・・・そうだ。
さっき道の途中、男4、5人がオレの歩く道にいたからシメたんだっけ・・・



「あなたが助けてくれなかったら私、今頃・・・」
「オレは、オマエを助けたわけじゃない。通行の邪魔だったからやったまでだ」
「でも・・・でも結果的には私はこうして助かってる。アナタのおかげ。ホントにありがとう。」
うぜぇ・・・こういう奴がオレは大嫌いだ・・・

「私はエクセル。あなたは?」

「言う必要はあるのか?ないだろ?いいからどっか行け。」

「イヤです。お礼するまでついていきます。」

「ッッッンな・・・テメ・・・」


「あなたの名前は?」

「・・・・・・・・・・イブキだ」
答えちまったよ・・・こんな女に・・・

「イブキ・・・良い名前ですね。イブキさんはどこに行かれるのですか?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・関係ぇねぇだろ。」
オレは女を無視し速度を上げ走る。

「ちょ・・・イブキさーん待ってくださいよぉ」
冗談じゃない・・・あんな女に振り回されえてたまるかッッってんだ。


「待ってくださいよぉ・・・いきなり走る事ないじゃないですかぁ」
「なにッッ!?」
気づいたらオレの横を女は走っていた・・・コレ・・・全力だぞ・・・
「お礼をするまでずっとついていきますーイブキさーん」

厄介な女に目を付けられちまった・・・
こんなんでオレ城まで行けるのかよ・・・
2010-05-17 Mon 00:10
別窓 | おはなし | コメント:2 | トラックバック:0
~第三章~
オレらは今魔王の城へ向かってる・・・

このあたりは霧が濃くて視界が悪い。

「地球温暖化とかwwwwwwwwwwwww  

マヂwwww楽勝wwwwwwwwワタシだったら瞬殺wwwww地球温暖化瞬殺ww

wwwwww簡単ッスよwwwwww世界中に氷巻いちゃえよwwwwww

100億トンぐらいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

wwwwwwwうっはぁwwwwあっちぃ地球を冷ますんだぁwwwwwww

そんでオゾン層にベホマズンwwwwwwてかケアルガwwwwwwwwというか

すごいキズ薬wwwwwwwwwwこれで完璧wwwwwwww地球温暖化オワタwwwwwwwww」

なにコイツ・・・メッチャウゼェ・・・メッチャ殴りたい・・・

なんか前回とキャラ違う気がするのはオレだけか?

つか日本語で喋ってくれ・・・ベホ・・なんだって?

「魔王の城はニートの部屋でしたwwwwwww」

エクセルが何か言ってるが完璧無視することにした・・・

「アレレ伊吹さん元気ないッスねぇー。なんすか欲求不満スか?wwwwwwww

アレな感じスかwwwwwwwwwwwwwうっはぁwwwwwwwwwww」

「・・・」

「あ、図星スかwwwwwwwwwwwフヒヒwwサーセンwww」

オレはナイフを懐から出し、エクセルの喉元に突き付けた

「死ぬか?」

と低い声でエクセルに向かって言った

エクセルは怯えた様子で、

「ややややだなぁぁぁぁああ伊吹さん、冗談ですよぉ冗談wwww」

オレはナイフを懐に直した。

エクセルはふぅ~と息をもらすと

「アレ、伊吹さんここなんですかね?」

エクセルにそう言われまわりを見渡す

確かに・・・なにか妙だな・・・

人の気配がする・・・10・・・20・・・いやそれ以上か・・・

「あ、伊吹さんアレ何スかね?」

エクセルが指を指すのは折れたボロボロの看板だ。

「なん・・・スかね・・・よく読めないです・・・

・・・・・・・・・・・・・?」

砂が被っててよく見えない・・・

「Angelじゃないか・・・?」

「そう言われれば、そんな感じしますね。さすが溜めてるだけ頭が冴えてますね」

「死ぬか?」

「フヒヒwwwwサーセンwwwww」

Angel・・・一体なんなんだコレは?

なにかの名前か?

「そういえば伊吹さん。ここらへん盗賊出るらしいですよwwww

風のうわさで聞きましたwwwwいまどき風のうわさてwwwwwwwww

ドラクエでも使われてねぇよwwwwwwww」

いちいちうるせぇ女だな、盗賊か・・・気になるな。

「まさか、ここが盗賊のアジトだったりしてwwwwwwwwアハwwwwwwwwwww」



「おー、お嬢ちゃん。いい勘してるねぇ。」

ふりかえると男数十人に囲まれていた。

その中のリーダーと思われる男が楽しそうに話しかけてきた。

「あーそんな構えんといてぇなぁホンマやりにくいわー

そんな怖い顔せんといてーなーびびるてホンマ」

なんか軽いやつだな

するとエクセルがオレの袖ひっぱり小声で

「伊吹さん伊吹さん。この人メッチャ面白いですヨww金髪ですwwヤバイです。

もうYABEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEて感じですwwwwwwww」

お前もう黙れ

「オイ、アンタらはおれらになんか用か?」

「おっと、デート中だったのかな?そんな不機嫌になるなんて?」

「んなッ!?誰がッこんな奴とッッ」

「そんなーこんなとは酷いじゃないですかー

こんな美貌で妖艶でとても美しい女性などほかにはいませんよ。

若さの秘訣は皇潤ですwwwwwwwわかwwwさのww秘訣てww言ったのにwwww」

・・・・・・・

「兄ちゃん・・・なんか悪かったよ・・・」

「・・・・・おぅ」

「この二人になにか友情が芽生えた気がしたー」

なに勝手にナレーション入れてんだよッッ

「まぁ兄ちゃん、オレはアンヘルだ。一応名前な」

「・・・」

「ちょwwwドラッグドラグーンwwwwwwwwwアレ1はアレだけどwww

2はwwwwだめwwwwなんか目から汗が・・・」

「まぁ挨拶はここまでにしといて。本題に移ろうか兄ちゃんたち」

本題・・・いったい・・・

「まぁ簡単に言うとオレらのギルドはAngelていうんだけどな。

まぁこうしてオレはこのギルドに300人の人間を従えてた。」

「つってもまぁみんな家族みたいなもんや、ここに落とされた理由も

ここに来る前の話しもなーんもナシや。いまどうかっちゅー話しや」

「従えてた?」

「鋭い。鋭いなぁ兄ちゃん。・・・・・そう・・・オレらの家族は・・・殺されたんや・・・

ある魔物によってな・・・」

「ある・・・魔物・・・・?」

「それまでは盗賊として自由に生きてたんや。毎日が楽しかった・・・

みんな家族同然にな・・・アイツが現れるまではッッッ」

アンヘルは怒りを顔に出している・・・

アンヘルだけでなく、他の男たちも怒りを出していた・・・



「で・・・?」

「ちょwwwwwwwwww伊吹さんwwwwwwwwwwで?wwwwwてwwwww

酷すぎるwwwwwwwwヤヴェwwwコイツwwww腹イテェwwwwwwww」

オレはエクセルの喉元にナイフを・・・

「サーッセンしたぁーwwww」

「んで・・・だ・・・伊吹くん・・・ちょっと協力してくれないかなぁ~?」



めんどうな事はやりたくない・・・

オレが断ると言おうとした時、

「ハイハイハイハイハーイやりますよーこの人メッチャ強いですよぉwwwwwwwwうぇwwwwwwwうぇwwwwwwww

多分この人死んでも死にキレ○ぇとか言いそうですもんwwwwぶはwwwジューダイメwwwwwwwwテラ死ぬ気www」

「いや・・・オレは・・・」

「そうかやってくれるか!みんな喜べッッ!!!!これでみんなの仇が取れるかもしれないぞ!!!」

まわりの男たちもみんな歓声をあげている・・・



あーなんか・・・またやっかいなのに絡まれたな・・・

「よかったですね!伊吹さん」

「よかねぇよッ!テメェまたメンドウに付き合わせやがってッ」

オレはエクセルの頭を肘で殴った・・・

「イタイですよー伊吹さん・・・」

目に涙を浮かべながらエクセルが上目づかいでそうつぶやいた。

「知るかッ。今回だけだからな。」

いったい・・・なにがどうなってんだ・・・
2010-06-08 Tue 18:33
別窓 | おはなし | コメント:0 | トラックバック:0
| ダブルリーフ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。